ブログ

働き方改革とはいうけれど、

 残業を減らし、有休を使って、かつ売り上げと生産性を上げる。

 今年の4月から始まった「働き方改革」ですが、難しいですよね。
ちゃんと出来ている会社さんがどれくらいあるんだろうと気になってしまう今日この頃です。

 例えば、弊社情報システム部としての提案は、パソコン等の機器などの高速化及び多機能化による作業時間の短縮だと考えています。

 Windows7のサポートが切れるので、Windows10のパソコンに替えなくちゃいけない。
せっかく替えるのなら、SSD搭載にして、起動からの操作を快適にしてストレスを減らし作業効率アップ。業務ソフトを更新したり、2画面構成にしたりするのも有りかと思います。

 社内グループウェアを導入して、社員同士のスケジュール管理をしたり、回覧や見積書の承認、決裁などをスムーズにするのも有意義ですね。

 ネットワーク機器を入れ替えるなら、Wi-Fiを高速安定化させるとか、プリンタの印刷レベルや複合機の機能を増やして、これまで手作業でやっていた事を機械にさせるとか。

 欲を言えばキリがありません。コストも掛かります。

 でも、速いパソコンが2万円値段が高かったとしても、その高いパソコンを使う人の待ち時間は間違いなく短くなるので、他の事が出来るんじゃないかって思うんです。残業も減るかもしれません。トータルで考えると良い買い物になるんじゃないかと考えます。

 家庭の白物家電などでも高機能の機械を使えば、自由時間が増えるので家事が効率良く出来るので、結果的にお得なんじゃないかと思ったりします。

 個人的な意見なので、お叱りを受けるかもしれませんが、そんな考えもあるんだなと思ってもらえれば幸いです。

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

最近のコメント

ページ上部へ戻る