ブログ

バレンタインデー

2月14日はバレンタインデーですね。

 

好きな人にチョコレートをあげるときはドキドキ((((o゚▽゚)o))) ドキドキ したり、

学校では友達に手作りのチョコを配るo(^-^)oなど

バレンタインデーには色々な思い出がありますね。

小中学生のときは、バレンタインの日だけは、

みんな学校にこっそりチョコレートを持って行くなど楽しいイベントでしたね。

 

その頃は、何か理由があって贈るというよりは、「なんとなく楽しむために」「みんながチョコを渡しているから」「イベントだから」などのイメージでチョコを贈りあっていました。

世間の人たちも、由来を知っているから渡すというよりは、「なんとなくチョコを渡している」という人が、多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、

バレンタインデーの由来や意味!チョコを渡す始まりや理由など

バレンタインの由来は

「バレンタインデー」の名前の由来となったウァレンティヌス(ヴァレンタイン)が処刑された日こそが現在の2月14日、

つまりバレンタインデーとはウァレンティヌスが殉教した日なのです。

 

チョコを渡す始まりや理由は

はじまりは人気の洋菓子店がバレンタインチョコについての広告を出したり、

デパートでバレンタインセールを行ったりと、

チョコレートの消費が増えるにつれて習慣が広まり、日本にも定着してきた言われていますが、

日本では、お菓子を作る会社が影響しているみたいですね。

 

日本では「バレンタイン=チョコレート」というイメージが広まっていますが、

イタリアやフランスなどでは、男性から女性へプレゼントを贈るのが一般的だそうです。

 

こういう機会に「ふだんは中々言えない感謝や気持ち」を

伝えられるきっかけにするのもいいですよね。 

 

 

 

私は単純にチョコレートが好きなので、o(●´ω`●)oわくわく♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

最近のコメント

ページ上部へ戻る