ブログ

3.11

東日本大震災

 

2011年(平成23年)3月11日14時46分頃、三陸沖を震源とするマグニチュード9.0の海溝型の巨大地震

である東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が発生しました。

地震の規模としては、明治以降の国内で発生した地震としては観測史上最大規模の地震となっています。

この地震で、宮城県栗原市で震度7を観測したが、特に津波による被害が大きく、

津波の高さは岩手県宮古市で約40mに達するなど東北地方の太平洋沿岸部を中心に軒並み10m以上の高さとなりました。

 

 

LINE

今や家族や友人とのコミュニケーションツールとして広く利用されているLINE。

その誕生のきっかけは10年前の2011年に起こった東日本大震災なのです。

電話はつながらない、メールも届かない、そのとき、「緊急時の“ホットライン”として使えるように」と

開発され誕生したのが『LINE』なのです。

当時の被災した状況下で、コミュニケーションツールとしてどのようなサービスが必要とされているのか

という視点が、LINEサービスの原型になっているそうです。

 

 

緊急時に役立つ上手なLINE活用法

box3LINEには、災害に備えて事前に進めておきたいサービスや、実際に災害が起きたときに役立つ機能があるそうです。

災害などの緊急時に役立つLINE活用法を紹介したいと思います。

①緊急時の連絡網を作る

②大切な情報は「ノート」に保存する

③グループでの返信にはノートも使う

④位置情報を送信する

⑤重要なメッセージを目立たせる

⑥「ステータスメッセージ」で安否を知らせる

⑦登録地域の災害情報をLINEにプッシュ配信する「防災速報」

 

このようにLINEには色々な活用方法があるので、一度確認してみてください。

また、ハザードマップの確認や、身の回りでどのような災害がおこりうるのか

この機会に調べてみるのもよいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

最近のコメント

ページ上部へ戻る