ブログ

散る桜 残る桜も 散る桜

桜も場所によっては満開のところもあれば、五分咲きもありますね。。。
鯖江市西山公園も満開まであと少しといったところでしょうか。
「散る桜 残る桜も 散る桜」
新潟県燕三条の僧侶であった、良寛和尚の辞世の句だそうです。
「今どんなに美しく綺麗に咲いている桜でもいつかは必ず散る。そのことを心得なさい」という意味。
人の一生も必ず終わりがあります。
会社の寿命もいつか終わりがあるでしょう。
散るからこそ美しいとはいえども、散りたくないと思っていることでしょう。
限られた「いのち」を見つめ、今生かされていることに感謝しながら、精一杯咲き続けたいものですね。
仕事もお金も健康も人生も・・・
悔いのない時間と一日をしっかりと過ごしていきたいと思います。
桜のように・・・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る